コレステロール値を下げる

朝昼晩2杯ずつでコレステロール値を下げる

 

血液中のコレステロールは善玉の「HDL]と悪玉の{LDL}の2種類に二分類されます。

 

LDLは酸化されると血管が詰まりやすくなり、心筋梗塞や脳梗塞の引き金にもなります。

 

お茶に含まれるカテキン類のおよそ半分の量を占める「エピガロカテキンガレート」という成分は、LDLの酸化を抑える作用が強いことが認められています。

 

それを裏付けるように、毎日お茶を7杯分、1週間摂取した人の血液を調べると、LDLの酸化か抑えられていることがわかりました。

 

1日に7杯というと少し多いようにも感じよすが、朝昼晩で2杯ずつ飲めばそれだけで6杯になります。

 

あとはブレークタイムに飲めば、7杯以上は簡単にクリアできる量なのです。