認知症予防

1日2杯以上で認知症予防

 

最近の研究によると、お茶は脳にもよい効果をもたらすということが明らかになっています。

 

ある調査によると。緑茶を1日に2杯以上飲んでいるという人は、週に3杯以下しか飲まない人に比べて認知障害のある割合が半分以下だという結束が報告されています。

 

また、米国で行われたアルツハイマー病に関する動物実験では、カテキンによる効果が認められたとされています。

 

高齢化か進む日本にとって、認知症の増加という問題は避けて通れないものです。

 

いずれにしても、お茶か認知症に効果的というのは喜ばしいことではないでしょうか。

 

とはいえ、まだ研究段階の部分も多い分野。今後の研究成果が期待されます。