アクチニジン、マタタビオールが血行を促進し、冷え性を改善

マタタビは、猫が食べると腰を抜かすことで知られますが、
果実やツルは生薬として用いられています。

 

マタタビは、北日本で“食べる温泉”の異名があります。

 

これは、有効成分のアクチニジンやマタタビオールに
血行促進作用があるためで、冷え性の改善になります。

 

また、就寝前にマタタビ茶を一杯飲むことを続けると
倦怠感が取れ、疲労回復にもつながります。

参考:購入検討