古来、親しまれてきた健康飲料

ビワはバラ科の植物で、その葉は、昔から夏バテや食あたりの予防として愛飲されていました。

 

ビワの葉に含まれる成分には、
アミグダリン、タンニン、サポニン、クエン酸、ブドウ糖などの有効成分があり、
これらが相乗効果を発揮して、疲労回復、利尿作用、糖尿病予防、アレルギーの改善など、
さまざまな症状に効果を表すといわれています。 

 

とくに、ビワの種子と葉に含まれるアミグダリンは、「ビタミンB17」とも呼ばれ、
最近では、ガン予防の効果が期待できるとして注目されています。

参考:購入検討