両ヒザ倒し(ヒップロール)(体幹並進運勁・上下)

B両ヒザ倒し

 

【やり方】

 

1.両ヒザを浮かした状態で仰向けに寝る

 

2.両ヒザをつけたまま、足全体を右に倒す

 

3.元に戻したら、次は左に倒す。この左右に倒す運動を繰り返す。上半身はなるべく動かないように注意する

 

 

できれば布団の上などのやわらかい場所よりも、畳の上など硬いところで行ってください。

 

これは、股関節の動きを柔軟にするとともに、体幹部の関節や筋肉のこわぱりもほぐしていく体操です。

 

腰に痛みがあると、初めのうちは左右に倒すのがキツイかもしれません。

 

その場合はゆっくり無理せずに行ってください。

 

慣れてくればリズミカルに右、左、右、左と足を動かしていけると思います。

 

両ヒザはラクに曲げられる程度でかまいません。

 

なるべくヒザの間が離れないよう注意して行いましょう。

 

足や腰がリラックスして上手にできると、足や腰の重さと加速度による遠心力で身体全体が下方向(足側)へ引っ張られてズレ動いていきます。

 

その場合、両手を頭の後ろで組むと、重心が上半身側へ移動するので、両ヒザ倒しをしても身体が下にズレにくくなります。

 

その分、体幹部(背骨)が縦に引っ張られる負荷が増すので、引っ張られてはヨーヨーのように弾性で戻づてくる体幹の「上下運動」が実感できるでしょう。

 

Cヒップ上げ下げ