ニッパーの使い方

ニッパーの使い方

 

直刃仕上げの「ニッパー型爪切り」は、割れやすい爪、かたい爪、厚い爪、巻き爪、変形爪など、爪のトラブルがある場合に使いやすい爪切りです。

 

医療や介護関係者、ネイリストなどに使われているプロ仕様ですが、最近は家庭用も出回っています。

 

サクッとした切れ味のよさと、どんな爪もきれいに切れることから愛用者が増えています。

 

ただ、ニッパー型爪切りは、相手の爪を切ってあげるのに適しているため、自分で切る場合には、ちょっとしたコツが必要です。

 

ニッパーの使い方のコツ。

 

一度に広く切ろうとしないで、爪の端からそぎ落とすように、少しずつ切り込んでいきます。

 

まっすぐに切るためには、図のように爪先にテープを貼って、そのラインに沿って切るようにします。

 

切りすぎることもなく安全です。


爪やすりで爪を整える

 

まっすぐに切った爪の断面は、なるべく目の細かい爪やすりを使い、なめらかに整えます。

 

やすりのかけ方は、往復させず、一方向にサッサッとなでるようにかけます。

 

爪は3層になっていて、下から縦、横、縦と繊維が走っています。

 

やすりを往復させてかけると、表面の縦の繊維に負担がかかって亀裂が入りやすくなります。

 

一方向に表面の毛羽だけを取るように軽く削ると、爪への負担が少なくてすみます。

 

また、爪のアーチ形を無視しないで、左右から中央へ向かって半分ずつかけ、最後に上から下にかけて仕上げます。

 

アーチ形を無視して一直線にかけると、不快な摩擦が生じて、かえって爪が毛羽立ちます。

 

切り口を手の指先で触ってみて、角ばったところがなく、なめらかになっていれば、きちんとやすりをかけることができた証拠です。

爪やすりのかけ方

ニッパーの使い方

 

爪やすりのかけ方

 

ガラス製爪やすり
耐熱強化ガラス製の爪やすりは、手になじんで爪が削りやすく細かくなめらかに仕上がります。

 

使用後は水洗いだけでも十分ですが、どんな洗剤にも強く、沸騰消毒が可能で衛生的です。

 

さびる心配もなく管理しやすいのも利点です。

 

 

爪やすりは、外側から中心へと一方向に動かします。

 

爪やすりを縦に動かすときは、手前から奥へと動かします。


ポイントは

ニッパーの使い方

・左右から中央へ、上から下へ

 

・やすりの方向は左右から中央へ

 

・やすりの方向を上から下へ。

 

爪の外側が丸くなる