正しい爪の切り方

正しい爪の切り方

 

角は少しだけ落とす、まっすぐに切る

 

足の爪の長さや形は、手の爪と違い好みで整えるのではなく、爪のトラブルを防止することを優先に考えてください。

 

「スクエアカット」という切り方さえできれば、爪が足指をちゃんと保護して、巻き爪や陥入爪といった爪のトラブルを防ぐことが出来ます。

 

スクエアカットとは、、爪をまっすぐに切り、両端の角を少し丸めるように整える切り方です。

 

爪切りである程度の長さに揃えてから、爪やすりで整えるとよいでしょう。

 

避けて欲しいのが、短く切りすぎる「深爪」や、両端を斜めに切る「バイアスカット」です。

 

巻き爪や陥入爪の原因になるほか、地面を踏みしめる時に足指に地からが入らず、転倒や歩行障害の原因にもなりうるのです。

 

スプエアーカットすることで、爪本来の役割である体重を支えることが出来、つめに掛かる負担を「押さえながら、巻き爪や陥入爪を改善して、しっかり歩けるようになります。


爪切りを選ぶ

正しい爪の切り方

 

爪を正しく切れるかどうかは、爪切りの種類で左右されます。

 

一般的には、パチンと音が響く「平型爪切り」が広く使われています。

 

この音は、爪を上刃と下刃で断裁する音で、切り口がとがっているので爪が割れやすくなります。

 

また、刃先がカーブしているものが多く、爪が丸く切れて深爪をしやすくなります。

 

医療や介護関係の多くは、爪をまっすぐに切るために、刃先をストレート(直刃)に仕上げた「ニッパー型爪切り」を使用しています。

 

爪にトラブルがある場合は、刃先がまっすぐな爪切りを選びましょう。

 

また、足に手が届きにくい人や、目が悪く爪切りを使うのが怖いという人は、目の細かいガラス製の爪やすりなどで、こまめに削ることをおすすめします。