保湿する

 

乾燥した皮膚や爪は、トラブルの原因になります。

 

普段から保湿効果のあるハンドクリームなどでしっかり保湿します。

 

クリームはたっぷりと、皮膚を傷めないように、皮膚の繊維(横じわ)に沿って優しくすり込むのがコツです。

 

おもな保湿クリームは以下のとおりです。

 

 

○尿素入りクリーム

 

尿素には、タンパク質である角質(ケラチン)を分解する作用があります。

 

かたくなった角質やガサガサに乾燥した角質をなめらかにします。

 

ただ、ひび割れに使うとしみることもあります。

 

尿素入りクリームは医薬品ですから、症状によっては注意が必要です。

 

 

○ワセリン

 

乾燥対策に、ワセリンを使っている人もいます。

 

ワセリンは、外部の摩擦や刺激から肌を保護して、手荒れや皮膚のかゆみ、ガサガサした角質を防ぎます。

 

ワセリンは油性の粘りがあるため、不負を湿らせて手の平で温めてから塗るのがコツです。

 

 

○ヘパリン類似物質含有クリーム

 

ヒルドイド(ヘパリン類似物質)は皮膚の水分を保たせる成分です。

 

保湿力が高いために、アトピー性皮膚炎や乾燥肌、しもやけにも有効です。

 

血行障害による肌荒れが自然に改善されます。

 

 

○ビタミンE入りのクリーム

 

ビタミンEには血行を促進する作用があり、血行障害による肌荒れ、冷え、しもやけなどにおすすめです。

 

 

○キューティクルオイル

 

浸透性の高い爪専用のオイルです。

 

爪から失われた油分を与えて保湿します。

 

キューティクル(爪の根元の甘皮)に塗り、円を描くようにマッサージする感覚で、爪のまわりにすり込んでいきます。

 

 
ご注意:○保湿クリームによって、皮膚に発疹や発赤、かゆみを生じたときは、ただちに使用するのをやめて、皮膚科を受診しましょう。

保湿する

 

足全体に保湿クリームを塗る

 

お風呂上がりや足浴後、皮膚がしっとりしているうちに、保湿クリームを塗ります。

 

かかと、足の指、足の裏全体に、ていねいに塗ります。

 

ケアのあとは、靴下を履くと保湿クリームの有効成分が浸透しやすく効果的です。

 

長時間、素足のままでいると乾燥しやすいので、足の保湿を心がけましょう。

 


保湿する

足の指への塗り方

 

足の指は、血液を送り出す心臓からいちばん遠い部分です。

 

足に保湿クリームを塗るときは、血液循環をよくするるためにも1本ずつ、円を描くようにすり込みます。

 

また、爪のまわりにも塗りましょう。