水分をよく拭き取る

 

水分が皮膚に残らないようによく拭き取る

 

お風呂上がりに足を拭くとき、バスマットを踏んだだけですませていませんか?

 

お風呂上がりは、水分が皮膚に残らないようによく拭き取ることが大切です。

 

タオルで、指と指の間、爪まわりを1本ずつ拭き取ります。

 

拭き取りがおざなりだと皮膚に水分が残り、蒸発するときに皮膚表面を冷やして、皮膚を守る皮脂膜が作られにくくなります。

 

足を拭くときに使うタオルも重要です。

 

皮膚や爪を傷めないように、やわらかい素材のものでやさしく拭き取りましょう。

 

タオルの繊維に水分を吸収させるように、押さえて拭き取るのがコツです。

 

拭き取りをバスマットですませていると、指の間に水分が残ってしまい、衛生的によくありません。

 

また、バスマットもこまめに洗って乾燥させておきましょう。

 

足の水分を拭き取るポイント

 

足全体をタオルで包み込んで、皮膚に水分を残さないようにします。
水分をよく拭き取る
特に爪まわりの皮膚、指と指の間の水分はきちんと拭き取ります。

 

また、爪や皮膚を傷つけないように、タオルでゴシゴシ擦らす、指と指の間も1本ずつ手の指を通して拭き取りましょう。