足を清潔にする

 

ポイント押さえて、足を清潔にする

 

毎日、お風呂に入っているのに、意外に足はきれいに洗えていないものです。

 

指の間や爪のまわりは意識しないと、洗い忘れてしまいがちです。

 

足を清潔にするには、基本はお風呂に入り、石けんを使ってきれいに洗うことです。

 

石けんは、普段使っているものでかまいません。

 

ただし、石けんは少量をよく泡立ててから使いましょう。

 

きめ細かな泡が汚れを浮き上がらせるため、簡単にきれいに洗うことができます。

 

ですから、熱心にゴシゴシ擦って角質を落とす必要はありません。

 

大切なポイントは、
爪と指の間
指と指の間
足裏の指のつけ根

 

などにたまりやすい汚れや角質をきちんと取り除いて清潔にすることです。

 

爪のまわりに汚れや角質がたまると、爪周囲への圧迫や炎症を起こす一因にもなります。

ていねいに洗う

足を清潔にする

 

手でていねいに洗う

 

少量の石けんをスポンジなどを使ってよく泡立て、包むように足全体をていねいに洗います。

 

指と指の間を洗うときは、手の指を差し込んで、1本ずつきちんと洗います。

 

石けんは、少量を泡立てて使うように成分濃度が調整されています。

 

多量の石けんを直接足にこすりつけると、皮膚の弱い人はトラブルになります。

 

最近は、殺菌成分に加えて抗カビ成分を配合した、低刺激性の薬用泡石けんもあります。


歯ブラシで洗う

足を清潔にする

 

歯ブラシで洗う

 

・意外に思われるかも知れませんが、手で洗う場合と同様、石鹸をよく泡立ててから歯ブラシで爪を洗います。

 

・古い角質が溜まりやすい親指の爪溝は念入りに洗うようにしましょう。

 

そしてきれいに洗い流します。

 

洗った後は指と指の間、爪と指の間に石鹸が残らないように、一本ずつしっかりと洗い流します。

 

足浴のすすめ

 

毎日お風呂に入ることが難しい人には足浴がオススメです。

 

足浴は、だれでも手軽に行えるうえ、お風呂での全身浴と同じくらい体を温める効果があります。
足を清潔にする
36〜39℃程度のぬるま湯を張った大きな洗面器に、両足の足首まで浸けます。

 

浸けすぎると皮膚が傷つきやすくなるので、足浴は5分程度が目安です。

 

その後、泡立てた石鹸でよく洗います。爪切りの前に行えば、爪が柔らかくなり、切ったときに爪が割れにくくなります。