靴下選びのポイント

靴下選びのポイント

 

靴下でフィット感が変わる

 

自分の足に合った靴も、靴下の厚さ数皿の差で、靴の履き心地は変わってしまいます。

 

逆にいうと、靴下によってフィット感は変えられるのです。

 

 

靴を履くときは、購入するさいにフィッティングした靴下と同じ厚さのものを用意して、正しく履くことが大切です。靴下の素材も重要です。

 

ナイロン製のストッキングや靴下などは、一日中履いていると足が蒸れます。

 

長時間、靴を履く人は、木綿や絹製の靴下がよいでしょう。

 

絹製のものは保湿効果があるため、足裏のガサガサを防いでくれます。

 

また、5本指ソックスは足指が蒸れにくく、保湿性があります。

 

足指を自由に動かせ、1本1本の指で床を踏みしめることができるので、足裏の運動不足の  解消に役立ちます。                  

 

 

 

サポート機能のあるソックス

 

足の変形に悩んでいる人には、コンフォートサポートソックス(松藤文男氏考案)がおすすめです。
入浴時以外に履いているだけで、足の変形を緩和するサポート効果があります。

 

外反母趾、内反小趾、(ンマートウによる足の変形が抑えられるだけでなく、靴の内側に当たることでできたたこやうおの目も消えていきます。
また、特定の部分にかかっていた圧迫も分散され、足裏にできたたこもやわらかくなり消えていきます。

 

また、足の指先が出る「着圧ソックス」もおすすめです。履くだけで足のストレッチになり、装着しながら「足指じゃんけん」や「タオルギャザー」をするとむくみが収れやすく、効果は高まります。