足の負担を軽減する靴

足の負担を軽減する靴

 

コンフォートシユーズの特徴

 

巻き爪や陥入爪、外反母趾、ひざの痛みなどの足の病気を治療するうえで、靴が果たす役割は大きいものです。

 

もちろん靴が直接的に病気を治すわけではありませんが、足にかかるさまざまな負担を少しでも軽減したり、歩きやすくしたりすることはできます。

 

 

当外来では、足のトラブルを抱える患者さんにコンフオートシューズや、オートペディシュー(整形靴)テクニックに詳しい靴店を紹介しています。

 

 

コンフオートシューズとは、心地よさ(コンフオート)と足の機能を研究して作られた靴です。

 

靴の先進国であるドイツでは、オートペディシューテクニックという整形外科の知識に基づいた靴の製作・調整・技術を習得したマイスターによって作られています。

 

 

日本でもこうしたした考え方が普及しています。
コンフォートシューズを取り入れる医療機関も増えています。

 

 

実際、コンフオートシューズに履き替えたことで、多くの患者さんの足のトラブルが改善しています。治療後の再発予防にもつながっています。


 

おしゃれになった健康靴

 

コンフォートシューズは、足の健康を重視した靴ですが、最近は機能性が高いうえに、デザイン性のある靴が増えています。
通気性のよいサンダルタイプは、普段履きや仕事場で利用している人もいます。

 

 

立ち仕事や長時間歩く職業の人や、足の悩みはあるけれど、わざわざ病院に行くほどではないという人は、コンフォートシューズを取り扱う靴店に、いちど相談に行ってみるのいいでしょう。