歩行靴の正しい履き方

歩行靴の正しい履き方

 

ひもで調整できるレースシューズ

 

歩くことを目的に考えると、レースシューズ(ひも靴)と呼ばれるタイプがおすすめです。
レースシューズは、ひもをきつく結んだり、ゆるく結んだりして、こまめに調整することができるのが利点です。
地面からの衝撃を伝えない、しっかりした靴底を備えているレースシューズであれば、日常的に履きやすい靴といえます。

 

 

ひもで調整ができるため、どんな足にも合わせることができると思っている人も多いようですが、それは大きな誤解です。
しっかりと足にフィットしているものを選びましょう。

 

 

 

ひもの役目はあくまでも、むくみなどの足の状態に合わせて調整するためのものです。
また、軽度の開張足の場合は紐をきつめに縛って、横アーチをサポートすることもできます。


 

正しく脱ぎ履きしないと足も靴も傷む

 

知っているようで知らないのが、レースシューズの正しい履き方と脱ぎ方です。
ひも、ベルト、マジックテープなどが付いたタイプは、正しく履いて正しく脱がないと、足も靴も傷みます。
履くときは、靴に合った靴下を履きましょう。

 

 

靴下の厚さによって、足の大きさが微妙に異なってきます。
そして、足と靴のかかとをちゃんと合わせます。
かかとがフィットしてはじめて靴との一体感が生まれます。

 

 

そして、面倒でも脱ぐときはひもをほどき、履くときに新たに結び直すのが、正しい履き方です。
ひもを結ぶのが日常困難な場合は、結ばなくても足と靴がフィットする靴ひもも販売されているので、こうした商品を利用するといいでしょう。

 

 

・足をシューズに入れるとき、足とシューズの踵を合わせます。
・ひもはシューズに通しておき、しっかり結びます。シューレースホルダー(ひも通し)が突いているときは、忘れずに通しましょう。
・左は、サイドに隙間があいて、ブカブカのサイズ。右はサイドが吸い付くようにピッタリとフィットしています。