靴選びのポイント

靴を選ぶ時のポイント

 

足の厚み、幅が重要

 

自分の足に合った靴を探すために、まずは自分の足の特徴を知ることからはじめましょう。

 

靴の寸法は、足長(サイズ)と足囲(ワイズ)が、JIS規格(日本工業規格)で定められています。
・足長(サイズ)は、かかとからいちばん長い指先までの長さです。
・足囲(ワイズ)親指と小指の付け根にある骨のでっぱりを囲った足の横幅です

 

靴の寸法は、「OOcm」と表示される足長と「A〜E」と表示される足囲で決まりますが、これで足にフィットするとはかぎりません。

 

同じ寸法でも足の骨格やアーチの高さ、つま先の形などが人とそれぞれに特徴があります。
自分の足がどんなタイプであるかは立体的に考える必要があります。


実際に試し歩きをしてみる

 

靴を選ぶときは必ず両足に履いて、次ページの「靴のチェックポイント」を確認しましょう。
足は左右の大きさやその動きが異なります。

 

また、かかとのブレや各部の当たり具合などは、立つたままではわかりません。
実際に歩いてチェックしてください。

 

また、足は夕方になるとむくみが出てきて、朝より少し大きくなります。
靴はきついよりも多少ゆとりがあったほうが足への負担が少ないので、足がむくんでいる時間帯に選ぶとよいでしょう。

 

靴を選びかねるときは、信頼できるシューフィッターのいる靴店で相談しましょう。
シューフィッターとは、専門知識やフィッティング技術b、足の構造、機能、病理などの幅広いちしきを習得した靴の専門家です。

靴のチェックポイント

 

靴のチェックポイント イラストあり

 

1.足先にゆとりがある
指の入る部分(トゥーボックス)が高く、5本の指先が自由に動かせること。
足指がきちんと地面を支えられます。
また、外反母趾や内反小趾を防ぎます。

 

 

2.指のつけ根が曲がりやすい
親指と小指が押さえつけられず、ゆるすぎないことと、
5本の足指のつけ根が曲がる部分(MP関節)と靴底の曲がる部分が一致していること。
そのことで上手に歩けるようになります。

 

 

3.かかとまわりが合っている
かかとの後ろに小指が入るくらいのゆとりがあり、かかとがきちんと覆われて抜けないこと。
安定した着地ができて疲れません。
くるぶしが履き口に当たらないことも大切です。

 

 

4.甲まわりが合っている
甲が圧迫されないこと。
ひもやベルト、ストラップなどで調整できるものがよく、
甲がきちんと押さえられていると、足のアーチが保持できます。