柔軟性と筋力を高める足のエキササイズ

 

足のトラブルには、足先の筋肉や腱(骨と骨格筋をつなぐ組織)の緊張が大きく関与しています。

 

ハイヒールなどの先細の靴を履いていると、足先の筋肉や腱が緊張してかたくなってしまいます。

 

すると、まわりの筋肉もうまく勣かなくなり、筋力の低下につながります。

 

足のトラブルを予防するには、まずストレッチによって収縮した足指の腱をよく伸ばすことが重要です。

 

ただ、腱は筋肉のように伸縮性が高くないため、いちど緊張するとなかなか元に戻すことができません。

 

ストレッチは、根気よく続けることが大切です。

 

ストレッチでは「イタ気持ちいい」どころまで伸ばして、そのまま10〜30秒くらいキープするのがポイントです。

 

ストレッチができたら、自分に合った体操や筋力トレーニングなどのエキササイズで筋力をつけて、足指がよく動く状態を維持しましょう。

柔軟性と筋力を高めるエキササイズ

 

骨と筋肉をつなげる腱

 

足はいくつもの骨と筋肉で構成されており、それを腱がつないでいます。

 

足のストレッチでは、腱をよくほぐしていくことかとでも大切です。


柔軟性と筋力を高めるエキササイズ記事一覧

足指ストレッチ一日中、靴の中の狭いスペースに押し込まれていた足指は、足先の筋肉や腱が収縮した状態で緊張しています。特に腱が緊張すると、まわりの筋肉もうまく動かなくなり、筋力の低下につながります。その緊張を取り除き、リラックスさせる足指のストレッチです。指先のマッサージを兼ねるつもりで行ってみましょう。効果・足のむくみや冷えを改善する・足の変形や外反母趾を防ぐ

柔軟性もリンパの流れもよくなるスポーツをはじめる前の準備体操としてよく行われているストレッチです。体温や筋肉の温度を上昇させ、筋肉の柔軟性をよくします。また、足首関節の可動域を高めることができ、歩行前に長めにやると効果的です。また、スポーツ中に起こりやすいケガの予防にもつながります。足首ストレッチによって、リンパ液や血液の流れもよくなり、足のむくみや冷えの解消にもつながります。入浴中やお風呂上がり...

足指とふくらはぎの筋力アップ浮き指は、足の指が浮いていて地面に接地しない状態です。多くは指を曲げる筋肉が弱まることで起こっています。浮き指を改善するには、しっかりと足指で地面をつかむように立ち、足の裏を鍛えるエクササイズをすると効果的です。さらに、足のアーチを整えるための歩吉方を習慣づけて、ちゃんと足指が地面につくようにしましょう。

脚の形と歩き方を正す立ち姿勢や歩き方の癖が足のトラブルを招くことがあります。足先は少し外側を向いているのに、ひざは内側に曲がっているのがX脚特有の動き方の癖です。こうした癖は、脚の形を悪くするだけでなく、ひざ痛の原因にもなります。ゆるゆる屈伸は、ひざの筋肉をゆるめで足の向きを正していく体操です。まっすぐに歩きやすくなります。一日1回、2〜3分を目安にしましょう。やり方1.ひざを軽く曲げます。2.膝...

足裏の筋力をアップする足裏の筋肉が衰えると、足のアーチが崩れてしまい、浮き指、開張足、外反母趾、内反小趾、爪の変形といった足の変形を引き起こします。これを防ぐには、足裏の筋肉を鍛える「足指じゃんけん」や「タオルギャザー」が有効です。足指じやんけんは、足指を「ゲー、チョキ、パー」と、開いたり閉じたりする運動です。それぞれ一日20回、2日にI回を目安にすると効果が期待できます。タオルギャザーは、大きめ...