認知症の治療法

認知症の治療法とは?

 

現代の医学では、残念ながら、認知症を完全に治す方法はありません。

 

しかしながら、早期発見すれば、日々の生活習慣の改善などのケアや適切な治療を行うことによって、進行を遅くしたり、症状を軽くしたりすることはできます。

 

失禁や徘徊などの症状をある程度抑えることができれば、本人が穏やかに生活できるばかりでなく、介護者の負担も軽くなります。

 

ここでは治療についてのみみていきます。

 

治療「薬物療法」「リハビリテーション」が主体です。

 

薬物療法では、認知症の進行を遅らせ、脳の機能低下を抑える薬を使用します。

 

ご本人がきちんと飲まない、服薬管理ができない、などの場合もあり、昨今、貼り薬を利用するケースも増えてきました。

 

また、徘徊が激しいときには、抗精神病薬や漢方薬などを利用して、症状を改善することもあります。

 

リハビリテーションには、脳の各部位の機能が低下するのを抑える効果がある、書き取りや計算、音読のほか、回想法、音楽療法、作業療法、園芸療法、演芸療法など、いろいろな方法があります。

 

患者さんの症状に合わせて迪切なリハビリテーションを選択することになります。

 

どんな医師に診てもらうかも、非常に重要です。

 

まず、認知機能の低下の原因が何かを、きちんと診断できることです。

 

記憶障害や見当識障害などの症状か出ていても、すべてが認知症というわけではありません。

 

たとえば、頭部を打撲した後などに起こる硬膜下血腫や甲状腺機能の低下、うつによって、一時的に認知機能が低下している場合があります。

 

これらの疾患を見逃さずに診断し、それぞれに対して適切な治療を行えば、認知機能の低下もほぼ完全に治すことが可能です。
こうした診断を的確に行える医師を選びましょう。

 

まずは、神経内科医、精神科医、脳外科医など、認知症の専門的な診断ができる医師を探し、
診断が確定し治療が軌道にのったら、通院しやすい病院へ変えるのが理想的です。

 

認知症の症状を「ポケ」のひとくくりにする医師は心配です。

 

どんなタイプの認知症なのか、質問してみて、そのあたりの感触を調べるのも一案です。

 

デリカシーのない医師や、患者さんに対して敬意を持って接しない医師、たとえば、ご本人の前で、ボケという言葉を平気で連発したり、敬意を持って名前で呼ばずに「おばあちゃん!」と呼びかけたりする医師もおすすめできません。

 

介護保険申請などを積極的にすすめてくれ、生活面のアドバイスに関して、引き出しの多い医師は信頼できます。

 

高齢者になったら、かかりつけの医師を作っておくこと、初めての医師の場合には遠慮なく質問をすることです。

日常生活における家族や周囲の対応

 

ところで、認知症を治すために、治療と同じくらい大切なのが、日常生活における家族や周囲の方々の対応です。

 

認知症特有の行動に対して、ついご本人を叱りつけたり、イライラして冷たくしたりしてしまいがちですが、そうした対応は、ご本人が不安になるばかりでなく、症状も悪化します。

 

家族や周囲の方々は、認知症とおいう病気を十分理解したうえで、適切な声かけや接し方を考える必要があります。

 

このとき、介護保険の申請など社会的支援をきちんと受けることも、忘れないようにしましょう。

 

介護に疲れ果てて、宗族が余裕がなくなり、ご本人に優しくできず、症状が進行するという、好ましくない状況に陥っていることかよくあります。

 

 

介護する人が介護疲れから抑うつ状態になっていて、ご本入か通院するときに、一緒に診療を受けなくてはならない状況も、決してまれではありません。

 

家族だけで抱えずに、ケアマネージャーさん、ヘルパーさん、ときには訪問看護師さんや理学療法士さん、作業療法士さんなどの介入をお願いすると、想像以上に環境が整って周囲が余裕を持って接することができるようになります。

 

ご本人もデイサービスで社会との接点を取り戻し、生活にリズムができて症状が軽くなります。

page top