認知症の症状とは?

認知症の症状とは?中核症状

 

認知症になると、実際、どういった障害が起きるのでしょうか?

 

脳の細胞が壊れることによって直接起こる症状を「中核症状」と呼びます。

 

認知症といえば、「失くし物が多くなる」「食事を食べたことを忘れて、また食べてしまう」など、記憶障害から始まる方が多いと思います。

 

認知症の中核症状のひとつに、まず、この「記憶障害」があります。

 

専門的には、
新しいことが覚えられなくなる「記銘力障害」と、
1度覚えたことを覚えたままでいられなかったり、脳の中の記憶を取り出せなかったりする[記憶力障害]という症状
があります。

 

「加齢によるもの忘れ」と、「認知症の記憶障害」には決定的な違いが見られます。

 

この記憶障害が出始めたときに周囲がいち早く気づけば、予防や早期治療の可能性は十分にあります。

 

そのほかに、
「現在の日付や曜日がわからない」「自分のいる場所がわからない」という「見当識障害」
筋道を立てた思考が苦手になる「判断力障害」
簡単な計算ができなくなるなどの「計算力障害」
段取りの必要な作業(たとえば料理など)ができなくなる「実行機能障害」などがあります。

周辺症状

 

中核症状に加えて、本人の性格や環境、人間関係など、いろいろな要因がからみ合って、精神面や行動面でさまざまな問題が起こってきます。

 

これらは「周辺症状」と呼ばれています。

 

実際に、ご本人のみならず、家族や周囲はこの周辺症状にも悩まされることが多いので、知っておく必要があります。

 

まず、周辺症状のひとつに、徘徊、暴力、暴言などの「行動異常」があります。

 

認知症が進行すると、これまで出来ていたことが少しずつ出来なくなってしまいます。

 

その原因が病気にあることは理解できなくても、今までと違ってきていることは本人にもわかりますので、不安感や焦燥感が強くなります。

 

すると、他人に頼るようになってしまうのです。
1人でいられなくなり、家族や介護者の後ろをずっと付いてまわるというような行動に出る人もいます。

 

この症状は、夕方に出現することが比較的多いようです。

 

入院していても、夕方になると「家に帰りたい」と言う認知症の患者さんもいます。

 

日が落ちきて暗くなると、待っている人のいる家族のもとへ帰りたくなるという帰巣本能のためだといわれています。

 

また、いつもと違うところにいたときなどに、1人で外に出て家に帰るうとして、道に迷って徘徊し、周囲を大変心配させる事態を招くこともあります。

 

特に、アルツハイマー型認知症の初期の方は、案外、簡単な会話が流暢で上手、つじつま合わせもうまいので、道に迷って徘徊しているとは、ほかの人には見えないことが多いのです。

 

ほんの些細なことで怒って暴力をふるったり、暴言をはいたりという性格の変化も、ときに見られます。

 

特に、本人に注意や制止をしたときなど、自尊心が傷つけられたり、物事が思いどおりにいかなかったりしたとき、暴力や暴言に至りがちです。

 

また、介護への抵抗もままあります。
たとえば、認知症の人は入浴をいやがる傾向があり、入浴をさせようとすると抵抗することなどです。

 

これは衣服の着脱が苦手になったこと、風呂場で転んでしまうことへの不安、水への潜在的な恐怖などが原因になっていたり、そもそも複雑なことがすべて面倒になっている場合もあります。

 

さらに、「毒が盛られている」「財布が盗まれている」といった現実にないことがあると思い込む「妄想」や、実際に存在しないものか見えたり聞こえたりする「幻覚」で、家族を攻撃し始めることも比較的よくあります。

 

活気がなく、無気力になる「抑うつ」や、自分からは何もせずぼんやりとしている「自発性の低下」も、介護者の負担になるあなどれない症状です。

 

症状か強くなると、周囲が何とかしなければ、食事も食べなくなり、洗面も一切しなくなってしまいます。

 

そのほかに、「睡眠障害」「異食・過食」などの症状があります。

page top