日本茶。かんたんガイド

日本茶ってなに?

 

お茶は大きく分けて3種類

 

不発酵茶(緑茶)
生葉をできるだけすぐに加熱し、酵素の働きを止めて作ります。
日本で生産されるお茶は、ほとんどが不発酵茶である緑茶です。

 

半発酵茶(ウーロン茶など)
生葉に含まれる酸化酵素を少し働かせてから。
加熟し酵素の働きを止めて作ります。代表的なものにはウーロン茶があります。

 

発酵茶(紅茶)
酸化酵素を最大限に働かせてから,加熟し酵素の働きを止めて作ります。
世界でもっとも生産されているお茶である紅茶は発酵茶です。

 

*加熟して酵素の働きを止めたのち、
微生物によって発酵させて作る「後発酵茶」というお茶もあります。

すぐに加熱し酵素の働きを止める「緑茶」

 

緑茶はすぐに加熱し酵素の働きを止める

 

おなじみの「煎茶」や高級なお茶の代名詞ともいえる「玉露」、そしてウーロン茶や紅茶など、世のなかにはお茶と名前がつく飲み物がたくさんあります。

 

「それぞれ、専用のお茶の葉がある」と思っている人も多いかもしれませんが、
それらの茶葉は元々同じものです。

 

製法の違いで、それぞれのお茶ができているのです。

 

生の茶には酵素があり、
この酵素をどう働かせるかによって、できるお茶が違ってくるのです。

 

たとえば、緑茶は生葉をすぐに加熱し酵素の働きを止めて作るのに対して、ウーロン茶は酵素を少し働かせてから、紅茶は酵素を最大限に働かせてから加熱し、酵素の働きを止めて作ります。

 

一股的に、こうして作られる緑茶を日本茶と呼びます。

 

緑茶は酵素の止め方や止めたあとの加工の違いによって、さまざまなお茶になるのです。


だから、歩くのがいいあなたの知らない健康茶中高年からの筋肉作りビタミン・ミネラル活用事典「むくみ」を知る