バランス・エキササイズ

バランス・エクササイズ

バランス・エキササイズ

 

ここでのバランス・エクササイズは、「バランスをとる能力」と「しっかり支える筋力」の両方を鍛えることが目的です。

 

日常生活の中で、特別な用具やトレーニング機器などを使わずに、簡単に行えるものを取り上げていますので、できるものから始めてみましょう。

 

 

10歩まで続けて前進できますか?

 

下を見てもいい。

 

腕、手の位置は自由。

 

 

できるだけ、つま先とかかとをつける。

 

家の中では素足で行う。

 

足の指一本一本を意識しながらバランスをとること。

 


交差歩行

バランス・エキササイズ

 

 

足下を見てもいい。

 

腕・手は自由。出来るだけ両足をくっつける。

 

 

できるだけ、つま先とかかとを付ける。

 

家の中では素足で行う。あしの指一本一本を意識市ながらバランスをとること。

 

「後ろ」が難しい人は、前だけでもOK。


かかし(開眼での片足立ち)

バランス・エキササイズ

 

 

 

目は前でも足下でもどこをみてもOK。

 

腕の上げ方は自由。真横でも、手を腰にあててもかまわない。

 

あしの上げ方も自由でいい。


ぺったんこ

バランス・エキササイズ

 

<ぺったんこ>

 

足を一歩出さず、両足の裏をつけたままの姿勢で、とっさの一歩を出すことなく、1駅分たっていられますか?

 

 

 

進行方向に向かって立ちます

 

つり革や手すりにつかまる。

 

やや重心を低くして、前傾気味の姿勢が基本。

 

股関節・膝関節・足関節のまわりの力をゆるめて、揺れに柔軟に対処できるようにする。

 

必要に応じて足の指に力を入れる。


バランス・エキササイズ関連ページ

筋伸ばし体操
自分のからだの状態にあった方法で、なるべく毎日ストレッチしましょう。
暮らしの中のストレッチング
姿勢を保つとき、移動するときに支えとなる大切な筋肉です。
筋肉強化エキササイズ
何もしなければ弱くなる一方です。日常生活で、運動をすることで、衰えを緩やかにすることができます。
水中歩行
体内に酸素を取り入れつつ行う全身運動としてのエアロビクス

仮眠と睡眠あなたの知らない健康茶ヒザ痛改善する体操中高年からの筋肉作り「むくみ」を知る