暮らしの中のストレッチング

腸腰筋=支えとなる大切な筋肉

ももの付け根(腸腰筋)=姿勢を保つとき、移動するときに支えとなる大切な筋肉です。

ももの付け根(腸腰筋)

暮らしの中のストレッチング

姿勢を保つとき、移動するときに支えとなる大切な筋肉です。

 

<床で行う方法>
四つん這いになり、片足を立て「かけっこのスタート」姿勢をとる。
次に、もう一方の足の甲を地面につけたまま後ろに引いて腰を落とす。

 

<椅子を使う方法>
両手で支えにつかまり、片足を台の上に乗せる。

 

もう一方の足を後ろにづらし、腰を前に押し出すようにする。
椅子に乗せた前足の足首(アキレス腱)も同時にb伸びる。


背中(広背筋)

暮らしの中のストレッチング

<床でおこなう方法>

 

四つん這いになる。

 

両手を前に出して、お尻を後ろに突き出すようにする。


暮らしの中のストレッチング

 

<立って行う方法>

 

壁や手すりにつかまり、足を肩幅に開いて立つ。

 

両足を後ろにずらしながらお尻を後ろに引く。


太ももの裏側(大腿屈筋群)

暮らしの中のストレッチング

 

 

<床で行う方法>

 

伸ばす脚の膝とつま先を天井に向ける。

 

片側を伸ばし、もう一方は曲げ、伸ばした脚の方向に上体を倒す。

 

 

 

 

<椅子を使う方法>

 

椅子に浅く腰掛け、片足の踵を前に出す。

 

両手は腿の付け根におき、上体を前に倒す。


ふくらはぎ

暮らしの中のストレッチング

 

<床で行う方法>

 

壁や手すりにつかまり、膝とつま先を正面に向けて肩幅で立ち、片足を後ろに引く。

 

後ろ脚のかかとを地面につけたまま、前足の膝を曲げて腰から前に出すように、重心を前に移動する。

 

 

 

 

 

<階段や段差を使う方法>

 

てしりをもち、片足づつ伸ばす。


暮らしの中のストレッチング関連ページ

筋伸ばし体操
自分のからだの状態にあった方法で、なるべく毎日ストレッチしましょう。
筋肉強化エキササイズ
何もしなければ弱くなる一方です。日常生活で、運動をすることで、衰えを緩やかにすることができます。
水中歩行
体内に酸素を取り入れつつ行う全身運動としてのエアロビクス
バランス・エキササイズ
「バランスをとる能力」と「しっかり支える筋力」の両方を鍛える

仮眠と睡眠あなたの知らない健康茶ヒザ痛改善する体操中高年からの筋肉作り「むくみ」を知る