●ストレッチ編

ストレッチ

 

50代〜60代から始めるには絶好のチャンスです。
70代からでも少しもおそくはありません。

 

いきなり筋力トレーニングはしないようにしてください。

 

まずは、筋肉や腱、靭帯を時間をかけてじっくりと伸ばすストレッチで、体中をしなやかにします。

 

関節の動きが良くなると、日常の動きもスムーズになり、転倒予防につながります。

 

 

効率よく行うコツは

 

 反動をつけず
 ゆっくりと気持ちのいいところまで伸ばすこと
 伸ばしている筋肉を意識すること

 

です。

 

人によっては、わずかに痛みを感じるくらいがひとつの目安です。

 

いずれも、5秒〜30秒、ゆっくりと伸ばし、呼吸は止めないようにしながら、リラックスして行います。

 

 

 

肩と体幹のストレッチ
股関節とふくらはぎのストレッチ
太もものストレッチ

 

ストレッチ記事一覧

筋を伸ばし、関節を動きやすくし、からだの柔軟性を高めます。立った状態、椅子に座った状態や、横になった状態で行う方法があります。自分のからだの状態にあった方法で、なるべく毎日伸ばしましょう。週7日のうち、4日は行いましょう。あと3日はサボつても良い、でも永く続けることが大切です。朝、一日の活動を始める前や運動前、またはゆっくりできる時間を選んで行いましよう。ストレッチングのよくある間違いは、はすみを...

誰でも年を取るにしたがって、筋力も低下してきます。何もしなければ弱くなる一方ですが、日常生活の中で、自分のできる動作(歩く、またぐ、昇って降りるなど)をしっかりと行ったり、わすかな時間でもよいので、やや大きな力を出す運動をすることで、衰えを緩やかにすることができます。ここでは、普段の生活の中で、いつでもできて、あまり負担(運動の強さ、心理的なストレス)とならない筋力強化エクササイズを紹介します。こ...

体内に酸素を取り入れつつ行う全身運動として、アメリカのケネス・H・クーパー博士によって提唱されたのが、エアロビクスです。その後、レオタードを身につけて音楽に合わせて独特の振り付けでダンスを主体として運動するエアロビクスーダンスが普及した。エアロビクスと言えば、このエアロビクスダンスと同義語のようにみなされていよすが、ウォーキング、ジョギング、水中歩行、水泳、クロスカントリースキーなども間違いなくエ...

ここでのバランス・エクササイズは、「バランスをとる能力」と「しっかり支える筋力」の両方を鍛えることが目的です。日常生活の中で、特別な用具やトレーニング機器などを使わずに、簡単に行えるものを取り上げていますので、できるものから始めてみましょう。10歩まで続けて前進できますか?下を見てもいい。腕、手の位置は自由。できるだけ、つま先とかかとをつける。家の中では素足で行う。足の指一本一本を意識しながらバラ...