関節の柔軟性を高めるストレッチング

バランスに重要な関節の柔軟性を高めるストレッチング

 

体幹の運動

 

@ 椅子に座り,両手は胸の前で組みます。
A 上体を前方へ曲げます。
B ゆっくりと上体をもどしてから、後方へそらし5〜10秒保持します。
C ゆっくりもどして上体を右〔左〕へ曲げ5〜10秒保持します。
D ゆっくりもとして左(右)へも曲げ5〜10秒保持します。
E 上体を右(左)へねじり5〜10秒保持します.
F ゆっくりもどして左(右)へもねじり5〜10秒保持します。
G @〜Fを5〜10回、無理のない範囲で行います.

股関節と膝関節の曲げ

関節の柔軟性を高めるストレッチング

 

股関節と膝関節の曲げ

 

@ 仰向けになり両足をまっすぐに伸ばします。
A 片方の足を両手でかかえで体に近づけるように股関節、膝関節を曲げていきます。
 もう一方の足は伸ばして、浮かないようこ、床にできるだけつけておきます。
B この上体を5〜10秒保持します.
C 曲げた足をゆっくりともどします.
D A〜Cを左右各5〜10回,無理のない範囲で行います。


股関節と膝関節の伸ばし

関節の柔軟性を高めるストレッチング

 

@ うつぶせになり、おなかの下にタオルをたたんで入れます。
A 膝を伸ばした状態で、片方の足全体を股関節から持ち上げます。もう一方の足は浮かないように床に置きます。
B 股関節と膝関節の前側か伸びているのを感じながらこの状態を5〜10秒保持し、足を下ろします。
C A〜Bを左右・各5〜10回、無理のない範囲で行います。


足首の運動

関節の柔軟性を高めるストレッチング

 

@ 椅子に座ります.
A 両足の踵は床につけたままで、つま先を床からできるだけ上げて5〜10秒保持します。
B 逆につま先を床につけて踵を上げて5〜10秒保持します。
C 片足をもう一方の膝にのせ、つま先を手で持って、ゆっくりと左右に5〜10回ずつ回します。
D 逆側の足も同様にして左右に|5〜10回づつゆっくりと回します。

 



仮眠と睡眠あなたの知らない健康茶ヒザ痛改善する体操中高年からの筋肉作り「むくみ」を知る