具体的なつまずき予防法

つまずき度チェック

 

つまずく場所で年代がわかります。

 

1>何もないところでつまずきませんか?
2>少しの段差でつまずくことありませんか?

 

*足が高く上がらず、すり歩行になりがちなため、若い人が平気な場所でどうしてもつまずいてしまうことがある。

 

足を上げる運動を行いましょう。

 

転ばないためにも部屋の見直しをしよう
転倒しても骨折しない身体づくりを

 

「老化は足から」という言葉があります。
高齢になればなるほど、どうしても屋内で歩行、立ち上がり、方向転換するときに「ふらつき」や「つまずき」により転倒することが多くなります。

 

転倒するとけがや転倒への恐怖心から、動かなくなり、ますます身体活動を制限することとなり、ついには要介護状態へと進行してしまうケースが少なくありません。

 

転倒して骨折しないためにも、転ばない身体づくりが重要となります。

 

転倒は老化、病気、運動不足が原因です。

 

転倒を予防するためには、筋肉の柔軟性を高め、スムーズな動作を行えるようにストレッチをします。

 

つまずいたときに体勢を整えることができるようにバランスカをアップします。

 

筋肉をつけることでしっかりとした身体がつくられ動作がスムーズになる筋トレを行うことが大事です。

 

もちろん、転倒しないための環境づくりも大切ですので、住み慣れた部屋を一度見直してみるのもいいでしょう。

 

以下具体的な方法を紹介します。

タオルギャザーと足首と足指の運動

立った姿勢でバランスを保つには、
実は、地面をつかむようにして体を支える「足の指の力」が欠かせません。

 

この力が弱まると転倒しやすくなります。

 

普段から意識し、足の指の運動をしておくことが大切です。

 

以下に簡単に出来る運動を紹介しています。

 

 

つまずき予防法ー1

つまずき予防法ー1

ゴムバンド運動

つまずき予防法ー1

つまずき予防法ー1

足首回しと逆チョキまわし

つまずき予防法ー1

つまずき予防法ー1

ボール運動

つまずき予防法ー1

つまずき予防法ー1

 


仮眠と睡眠あなたの知らない健康茶ヒザ痛改善する体操中高年からの筋肉作り「むくみ」を知る