ハイリスク高齢者

ハイリスク高齢者

体が元気なうちにはなかなか実感しにくいものですが、人間は皆、等しく年齢を重ねていきます。

 

近い将来寝たきりや、介護を受ける立場になるかもしれない。

 

これは誰にとっても無関心ではいられない課題です。

 

こうした要介護を招くきっかけが、歩く時間が減る、自分で歩きたくなくなるという状況です。

 

 

歩行能力の低下は、
筋力が低くなってふだんの生活の動作が鈍くなってきたとか、
脳梗塞などの病気によって歩くことが難しくなった、

 

などさまざまな要因が重なって起こります。

 

 

こうしたリスクを減らすために大切なのは、

 

普段から、歩く能力をキープしておくこと、
介護が必要な高齢者にならないように、早い段階から体力作りを心がけておくことが大事です。


仮眠と睡眠あなたの知らない健康茶ヒザ痛改善する体操中高年からの筋肉作り「むくみ」を知る