机腕立て伏せ、二の腕伸ばし運動

胸・腕

 

胸・腕

○胸・腕

 

a)机腕立て伏せ運動

 

1>机やテーブルなど、安全に手をつける場所を使って行います。
机からやや離れて立ち、両手を肩幅に開いて机のふちにつき、つま先立ちになります。

 

2>手と手の間に胸を近づけるようにして、ゆっくりと肘を曲げ伸ばしします。
この際、腰を反らしたり、お尻を突き出さないように姿勢をキープします。

 

なお、、低い机や台を使用する場合は、膝を床につけると強度は軽くなります。
また、肘を横に曲げると、胸の筋肉にも効果が期待できます。

 

 

b)二の腕伸ばし運動

 

胸・腕

1>姿勢よく立ち、手のひらが後ろに向くように、体の前で軽く両肘を曲げます。

 

2>腕を伸ばしながら肘をゆっくりと後ろに引き、さらに、軽く斜め上へと手のひらを引き上げます。
腕は体の脇から離れすぎないようにまっすぐ後ろへ。

 

また、手のひらが天井に向くように、腕を少しひねるとやりやすくなります。

 

内もも・お尻


仮眠と睡眠あなたの知らない健康茶ヒザ痛改善する体操中高年からの筋肉作り「むくみ」を知る