日常の不摂生な生活習慣が「生活習慣病」を引き起こす

私たちの食生活やライフスタイルは、とても豊かに、そして便利になりましたが、
その反面、健康を損なう要因もたくさん出てきました。

 

その代表的なものが、生活習慣病です。

 

生活習慣病とは、「糖尿病」「心臓病」「高血圧症」などの病気の総称です。

 

かっては、成人病と言われていたが、これらの病気が年齢に関係なく
生活習慣に深く関わっているということから「生活習慣病」と呼ばれるようになりました。

 

生活習慣の因子が深く関わって発症すると考えられている病気は、
「ガン」「心臓病」「脳卒中」「糖尿病」「高血圧疾患」「高脂血症」「動脈硬化」「貧血」「痛風」などです。

 

生活習慣病を防ぐための心がけとしては、

 

しっかり睡眠をとる 禁煙をする 平均的体重を維持する お酒を飲みすぎない 適度な運動などの健康的な生活 朝食をしっかり摂り 間食を控える

 

などの規則正しく、栄養のバランスのよい食生活が一番の予防です。

 

生活習慣病記事一覧

イチョウは、「生きた化石」といわれるほど古い樹木で、ヨーロッパではイチョウ葉に含まれる有効成分が、医療品やサプリメントとして広く使われています。30種類以上もある有効成分の中でも、フラボノイド(二重フラボン)が疾病や老化を促進させたり、高血圧や動脈硬化などの生活習慣病の原因にもなる、活性酸素を除去させるため、幅広い人に愛飲されています。また、ほかの植物には含まれていないギンコライドに、抗炎作用があ...

ギンネムは、亜熱帯から熱帯にかけて分布するマメ科の植物です。生命力が強く、生育が早いうえに、高タンパクでミネラル類も豊富に含まれているため、生活習慣病などの予防効果があるとされています。カリウムは、ナトリウム排出作用で高血圧予防を、マグネシウムは、体内酵素の働きを活発にし、タンパク質は、免疫力を強化してくれます。また、カルシウム含有量は他の植物には見られないほど豊富で、精神安定作用をはじめ、健康維...

モロヘイヤは、エジプト原産の一年草で、エジプトでは「野菜の王様」と呼ばれるほど栄養価が高く、古くから食用にされていました。カルシウム、カリウム、ビタミン類、食物繊維など、健康に必要とされる栄養がバランスよく含まれています。特に活性酸素の働きを抑える効果のあるビタミンA(カロテン)が豊富なので、現代人の健康に欠かせない野菜です。また、モロヘイヤの特長であるねばり成分のムチンは、腸内の糖の吸収を遅らせ...

ユーカリは、オーストラリアを原産とするフトモモ科の常緑高木で、コアラの主食として知られています。古くはオーストラリアの先住民アボリジニが「万能薬」として、葉を使用していました。抗酸化作用のあるタンニンの一種のエラグ酸や、コレステロールを低下させる水溶性食物繊維が含まれているので、生活習慣病の気になる人にはおすすめです。葉の香りは清涼感にあふれ、アロマテラピーに使用されるほどです。この香りはシネオー...

ルイボスは、南アフリカの最南端、セダルバーグ山脈一帯でしか育たないマメ科の植物です。ルイボスティーは、先住民ホッテントット族やバンツー族が「赤い藪の奇跡」と呼び、愛飲していたミネラル分豊富なお茶です。また、緑茶の50倍、ウーロン茶の30倍のSOD様物質のフラボノイドが含まれていて、生活習慣病の原因である活性酸素を除去するので、高血圧、動脈硬化、糖尿病などの予防に効果的と言われています。また、ノンカ...