あなたの知らない健康茶

肌荒れの原因にもなる便秘。食生活を見直すことが大切

便秘とは、排泄物が長時間腸の中にたまってしまい、
排泄物の水分が吸収されて硬くなり、排便が困難になった状態です。

 

「習慣性便秘」「弛緩性便秘」「痙攣性便秘」の3つがあります。

 

食生活では、食物繊維と水分不足、小食などにより便が硬くなります。

 

また、精神的なストレスも自律神経のバランスを崩して、痙攣性便秘の原因にもなります。

 

また、運動不足も大敵です。

 

そして、何よりも便意を感じた時に我慢すると便意が消えてしまい、便秘になりやすいのです。

便秘記事一覧

オリーブ茶

オリーブの果実から採れる、オリーブオイルは、食用としてはもちろんのこと、ヨーロッパでは昔から美容や健康によいとされてきました。お茶として使われる葉にも、オレウロペインや、アピゲニン、ルテオリン、ケルセチン、トコフェロールといった有効成分が多く含まれています。これらには、いずれも血行促進作用があるため...

≫続きを読む

ゴボウ茶

ゴボウは、日本には中国から薬草として渡ってきました。それでも現在、世界でゴボウを食用としているのは、日本と韓国だけのようです。食物繊維の代名詞ともいえるゴボウには、水に溶ける水溶性食物繊維・イヌリンが多く含まれています。イヌリンには大腸の粘膜を保護する作用があるので、便秘や肥満の改善に役立ちます。さ...

≫続きを読む

スイカ茶

スイカの原産地は、アフリカ中部の砂漠地帯です。日本で本格的に栽培されるようになったのは、大正時代からといわれています。スイカは実だけでなく、皮、種にも有効成分が含まれています。実にはリコピンという抗酸化作用に非常に優れた成分が含まれています。漢方で翆衣(すいい)と呼ばれている皮には、利尿作用や活性酸...

≫続きを読む

ニンジン茶

ニンジンには、野菜として食べられているセリ科の食用ニンジンと、ウコギ科の薬用ニンジンがあります。このニンジン茶は、セリ科の食用ニンジンの根を使用したものです。ニンジンのβ-カロテンは、体内でビタミンAに変化し皮膚や粘膜を正常に保ちます。有効成分の水溶性食物繊維のペクチンは、便秘の解消やコレステロール...

≫続きを読む

ハブ茶

ハブ茶は、北米を原産とするマメ科のエビスグサの種子から作られています。中国では「決明子」という名前の漢方として珍重され、便秘による肩こりを緩和し、眼精疲労などに効きます。主成分の、アントラキノン誘導体が、大腸内のぜん動運動を向上させ、便秘解消させます。また、アントラキノン誘導体はコレステロールを低下...

≫続きを読む

パパイヤ茶

パパイヤは、ふつう熟して黄色くなってから食べますが、沖縄では野菜として未熟な青いパパイヤを食べます。この青パパイヤは、昔から母乳の出がよくなるといわれ、授乳期の女性に好まれてきました。そんな青パパイヤには、パパイン酵素という成分が含まれており、タンパク質を分解して新陳代謝を活発にするので、便秘解消や...

≫続きを読む

ヤーコン茶

ヤーコンは、南米アンデス地方が原産のキク科の多年草です。サツマイモに似たイモを地中につけ、ヒマワリのような葉と茎をもち、古くはインカ帝国時代からすでに薬草として使われていました。ヤーコンの葉と茎には、健腸・健胃作用のある葉緑素、腸内筋肉のぜんどう運動を促進するカリウムが含まれていますので、便秘で悩ん...

≫続きを読む


だから、歩くのがいい日本茶。かんたんガイド ボケ予防の方法ビタミン・ミネラル便利事典「むくみ」を知る