あなたの知らない健康茶

進行すると、脳、心臓に影響する

高血圧症

 

高血圧とは、基本的に最高血圧が、140mmHg以上、最低血圧が、90mmHg以上ある場合をいいます。

 

高血圧には、病気でもないのに血圧だけ高くなる「本態性高血圧症」
原因となる病気があり、その結果血圧が上がってしまう「症候性高血圧症」の2種類があります。

 

どちらも食塩の摂り過ぎ、肥満、ストレス、喫煙などの生活環境が引き金になって、高血圧を引き起こしてしまう場合がほとんどです。

 

放置すると脳、心臓、肝臓などの臓器障害や、脳血管障害などを引き起こすことがあります。

 

さらに、不整脈、心臓肥大、心不全などの心臓疾患、腎不全、尿毒症などを引き起こすこともありますので十分な注意が必要です。


高血圧症記事一覧

イチジクの葉茶

イチジクの歴史は古く、聖書ではアダムとイブがイチジクの葉で腰を覆ったとあります。すでに紀元前には栽培が始っていました。日本でも、果実は食用とし、葉を薬用として使用してました。イチジクの葉には、血圧を降下させる成分のプソラレエンが含まれています。また、スチグマステロールが血液中のコレステロールを低下さ...

≫続きを読む

ギャバロン茶

ギャバロン茶は、日本の農林水産省が、80年代に緑茶の生薬の保存法を研究している過程で偶然生み出した産物なのです。有効成分にガンマ・アミノ酪酸を多く含んでいることからギャバロンと名づけられました。ガンマ・アミノ酪酸は、植物中や人間の体内にも存在するアミノ酸の一種で、交感神経を正常な状態に保ち、血圧の上...

≫続きを読む

クチナシ茶

クチナシは、古くから実の部分を漢方や着色料として用いられてきました。漢方では、乾燥させた実に血圧降下の降下があるといわれています。ほかにも、消炎や鎮静、胆汁促進剤として重宝されてきました。クチナシ茶の特徴的な有効成分のゲニポサイドと黄色色素のクロチンに血圧降下作用があり、血圧の上昇を抑え、正常に戻す...

≫続きを読む

シイタケ茶

シイタケは、中国では気力を補い、胃の消化を促すとして古くから長寿の食品として知られています。効能は多岐にわたりますが、特に血圧を降下させるエリタデニンという成分が、血圧を降下させる効果があることで有名です。また、血中コレステロール値低下作用をもつグアニル酸、血圧降下作用があるカリウムなどの成分も血圧...

≫続きを読む

ソバ茶

ソバは、中国原産のタデ科の一年草です。良質のタンパク質を多く含み、必須アミノ酸のトリプトファン、リジン、ルチンが多く含まれているのが特徴です。特にルチンは、毛細血管を丈夫にし、血液をスムーズにします。血圧を安定させ、高血圧、動脈硬化、糖尿病にも高い効果があると言われています。最近、ダッタンそばが、普...

≫続きを読む

トウモロコシ茶

トウモロコシは、北アメリカ東北部から、南米アンデスが原産といわれています。トウモロコシ茶には、カリウムやミネラル、食物繊維、リノール酸、鉄分などの有効成分があります。なかでもリノール酸の血圧降下作用、末端の血管を拡げる作用、カリウムのナトリウム排出作用による利尿作用などの効果が高いと言われています。...

≫続きを読む

ドクダミ茶

ドクダミは、東アジアに広く分布している多年草です。古くから民間薬として用いられ、漢方では十の薬効があることから「十薬」とも呼ばれています。有効成分は、血圧の上昇を抑えるクエルシトリン、イソクエルシトリン、イソクエルシセチンという成分が含まれています。イソクエルシトリンは、腸でケルセチンという物質に変...

≫続きを読む

松葉茶

松葉は、古くから中国で「仙人食」といわれ、長寿の秘薬として伝えられてきました。松葉茶には、クロロフィル、テルペン精油(α-ピネン)、ビタミン類の働きにより、血圧を安定させて高血圧予防するのはもちろん、脳卒中の防止、認知症防止にもなるといわれております。また、頭部の血行も促進させるので、抜け毛や育毛促...

≫続きを読む

ラフマ茶

ラフマは、中国黄河流域からシルクロードに自生するキョウチクトウ科の多年草です。ラフマ茶は、ミネラルが豊富なこともさることながら、フラボノイドが含まれているのが最大の特長です。このフラボノイドが、腸でケルセチンという物質に変わり、血中コレステロールを低下させ、血圧を安定させます。また、ハイペリン、カル...

≫続きを読む


だから、歩くのがいい日本茶。かんたんガイド ボケ予防の方法ビタミン・ミネラル便利事典「むくみ」を知る