胃と腸の発病は、精神的・肉体的なストレスが影響

胃腸病

胃は精神的、肉体的なストレスを受けやすい臓器で、胃潰瘍や慢性胃炎の誘引になります。

 

胃に関わる病気には、胃潰瘍、慢性胃炎、胃酸過多症、激酸症のほか、
胃がん、胃肉腫、胃ポリープ、胃粘膜下腫瘍などの病気があります。

 

腸の疾病には、
胃と同じくストレスを受けることで起きやすい十二指腸潰瘍、過敏性大腸、潰瘍性大腸、
潰瘍性大腸炎、細菌感染によって発症する急性腸炎、虫垂炎があります。

 

これらの胃腸病を予防するには、最大の原因であるストレスを改善する必要があります。


胃腸病記事一覧

熱帯アジア原産の多年草で、沖縄や南九州などで栽培されています。その歴史は古く、日本でも邪馬台国の卑弥呼が中国の王に献上下記録が残っているほどです。秋に淡い黄色い花を咲かせるので、秋ウコンと呼ばれ、使用する根茎の部分も春ウコンが淡い黄色なのに対し、秋ウコンは橙色をしています。両者は成分的にあまり違いはありませんが、秋ウコンは色素成分のクルクミン(胆汁の分泌を促進する働きや利尿作用がある)の含有量が特...

ゲットウ(月桃)は、インド南部や東南アジアなどの亜熱帯に群生するショウガ科の多年草です。日本では主に沖縄の野山に自生しています。楕円形の葉には、独特の芳香があることから、沖縄では虫除け剤、カビ除けとして古くから使用されてきました。ゲットウには、抗酸化作用のあるポリフェノールとデヒドロカワイン類が、豊富に含まれていて、胃や腸の潰瘍を予防するとされています。種子には多量のミネラルや食物繊維が含まれてい...

アマチャヅルは、日本全国に自生するウリ科の多年草で、朝鮮人参と同様の有効成分であるサポニンが70種類以上含まれていることが、研究により明らかになりました。このサポニンには、精神的興奮を鎮める作用があり、特にストレスが原因の胃痛や胃潰瘍を改善するといわれています。また、サポニン、ゲルマニウムの働きにより、ガンを予防するほか、動脈硬化、高血圧、糖尿病などの予防に効果があります。さらにこのサポニンには、...

タラは、「春の山菜の王様」ともいわれ、タラノキの若芽を食べることが知られています。タラ葉茶は、タラノキの葉を乾燥して作られたものです。有効成分のサポニンの働きによって、健胃効果、整腸効果、滋養強壮の効果があるとされ、特に胃腸病などの民間薬として用いられる貴重な薬草のひとつです。また、腸から吸収されたブドウ糖が脂肪に変化することを抑制さる作用があり、糖尿病の予防にも効果があります。さらに強力な抗酸化...

ナツメは、中国原産の落葉樹で、成長すると幹の高さは10mにもなります。初夏に黄色い花を咲かせ、秋に暗紅色の果実をつけます。日本では、奈良時代から食べられていたようです。果実には胃腸の働きを高め、利尿を促進させるサポニンや、血中コレステロール値を下げるといわれる食物繊維の一種、ペクチンなどが、二日酔いや動脈硬化、心筋梗塞なども予防するといわれいます。また、ミネラル類も豊富に含まれており、血糖値を下げ...

ヨモギは、キク科の多年草で日本全国の道端や空き地などで見かける最も知られた薬草です。切り傷、食あたり、下痢止めなどに利用されてきました。また、お灸の「もぐさ」の材料としても知られています。ヨモギの葉には、さまざまな成分が含まれていますが、特にカロテン(ビタミンA)の含有量が多く、抗酸化作用によって健胃、整腸の働きをします。また、活性酸素を抑え、ガン予防などの効用があります。ほかにも、成人病や婦人病...