あなたの知らない健康茶

万病のもとと言われる冷え性。血行不良とホルモンの乱れなどが原因

冷え性

東洋医学では「冷え性こそ万病のもと」と考えられています。

 

冷え性の症状は、特に寒さを感じているわけでもないのに、手足や
腰など、ある部分だけが不快な冷たさを感じます。

 

その原因は、自律神経が正常に働かず、
毛細血管まで血が行き届かないため、血行不良の状態なのです。

 

冷暖房による温度変化や冷たいものの摂り過ぎ、ストレス、喫煙や、
下着や靴、洋服の締め付けなどで血行不良になることなども原因になるようです。

 

ほかにも、鉄分不足によっても冷え性になることも。

 

女性の場合、思春期、妊娠、出産、更年期などの時期のホルモンのバランスの
乱れも冷え性になることもあります。


冷え性記事一覧

ベニバナ茶

紀元前から栽培され、古代エジプトの墳墓の中からベニバナが発見されたという記録もあります。中国では、漢方薬として、主にに血行障害の治療薬として用いられていました。ベニバナに含まれるビタミンEには、血行促進作用があるので、冷え性の改善に効果を発揮します。さらに、有効成分のリグナンが、女性ホルモンの調節を...

≫続きを読む

マタタビ茶

マタタビは、猫が食べると腰を抜かすことで知られますが、果実やツルは生薬として用いられています。マタタビは、北日本で“食べる温泉”の異名があります。これは、有効成分のアクチニジンやマタタビオールに血行促進作用があるためで、冷え性の改善になります。また、就寝前にマタタビ茶を一杯飲むことを続けると倦怠感が...

≫続きを読む


だから、歩くのがいい日本茶。かんたんガイド ボケ予防の方法ビタミン・ミネラル便利事典「むくみ」を知る