眼精疲労

眼精疲労

 

眼精疲労とは、ものを見る時の眼の調整作用になんらかの負担がかかってしまうために、眼に疲れがでる症状のことです。

 

眼そのものに何らかの異常があって起こる眼精疲労もあります。
「乱視、近視などの屈折異常」「結膜炎」「角膜炎」「緑内障」などです。

 

また、パソコン、テレビなどの画面を長時間見たときなどに起こりやすい症状もあります。
そのまま放っておくと目の痛み、かすみ、充血、涙が出るなどのほかに、
頭痛、肩こり、吐き気など、全身に不快な症状が表れます。

 

こんな時は、視神経の伝達機能を活発にしてくれたり、正常化して、
眼精疲労回復に効果のあるビタミンB1などを摂取すると良いとされています。


眼精疲労記事一覧

菊は、日本では観賞用、食用として広く栽培されており、花の色や形などにより多くの品種があります。健康茶として使われるのは、主に甘菊、抗菊(黄菊)、除菊(白菊)です。いずれも、眼のトラブルに効果があるとされています。有効成分の中でも、特にビタミンB1が視神経の機能を活発にし、眼から脳への神経伝達を正常に保つ働きがあります。また、眼精疲労に伴う頭痛にも、効果を発揮します。

ブルーベリーは、ツツジ科・スノキ属に分類される低木性果樹です。その果実は生で食べたり、ジャムなどにもよく使用されています。このブルーベリーに含まれる「アントシアニン色素」という成分が、網膜にあるロドプシンという色素体の再合成作用を活性化させることにより、眼精疲労や眼の健康にとてもよいとされています。即効性にも優れ、副作用もなく網膜の機能の低下や白内障を防いだり、糖尿病が原因の眼のトラブルの予防など...

メグスリノキは、木の煎じ汁が「眼病」に効果があることからその名が付けられました。樹皮や小枝には、フェノール配糖体のエビロードデンドリンという成分が含まれています。この成分が、肝機能を高めるとともに、タンニンの抗菌、収斂作用により老人性白内障を予防するといわれています。また、トリペルテンが腎機能を改善させるため、眼精疲労やかすみ眼、白内障などの眼病トラブルを改善してくれます。また、肝障害で悩んでいる...