肝臓病

肝臓

体にとってタンパク質は、欠かせない栄養源です。

 

このタンパク質が、腸の中で分解されると、栄養素のほかに有害物質も作り出してしまいます。

 

この有害物質を解毒するのが肝臓の主な働きです。

 

肝臓病の代表的な疾病といえる肝炎の原因は、ウイルスとアルコール、クスリ、免疫異常がほとんどです。


肝臓記事一覧

アスナロは、本州から九州に分布するヒノキの一種です。「明日はなろう、ヒノキになろう」という言葉が、何故か有名です。さて、アスナロは、有効成分のジオキシポドフェロトキシンが、肝臓を保護する働きをし、肝臓病の予防するといわれています。ほかには、フラボノイド類(ヒノキフラボン、ソテツフラボン)が含まれており、これが血液の流れをよくしたり、さまざまな疾病の原因である活性酸素を除去し、口臭予防などの作用があ...

クコは、薬膳料理や杏仁豆腐に入っている赤い実、といえばおなじみですが、日本では、平安時代から漢方や民間薬として使われ、そのお茶は、別名「延命茶」とも呼ばれています。クコの実には、ペタインという天然のアミノ酸が含まれていて、余分な脂肪を取り除き血液を浄化するため、肝機能が向上するといわれています。また、フラボノイドの一種であるルチンに血管強化作用があることから、高血圧症の人にもおすすめです。そのほか...

オトギリソウは、日本各地に分布する多年草で、擦り傷によき効く薬草として、昔から珍重されてきました。お茶としては、肝炎や肝硬変などの肝臓病の改善に効果があるとされています。これはオトギリソウに含まれれうセレンに発ガン抑制作用があり、タンニンには赤血球や白血球を増加させる働きがあるためと言われています。ほかにも、配糖体のヒペリシンの抗うつ効果、樹脂によるイライラの緩和などの効果があります。また、抗菌力...