利尿作用促す健康茶

利尿作用が低下 → 高血圧の原因

利尿作用

血液は、体内の細胞から捨てられた老廃物を腎臓に運ぶ働きをします。

 

腎臓では血液中の不要物を濾過します。これが原尿です。

 

大人の場合、1日約180リットルにもなります。

 

この原尿からさらに利用出来る成分を再利用するために体内に吸収され、
本当の老廃物だけが尿として尿管を通って膀胱に貯められます。

 

膀胱内に一定の量が貯まると、神経系から脳にサインが送られて尿意が起こり排尿します。

 

体内の老廃物を体外に排出するための働きが利尿です。

 

この利尿作用が低下すると、むくみ、心臓、腎臓に負担がかかり健康を害する原因になります。


利尿作用記事一覧

クミスクチン茶

クミスクチンはシソ科の低木多年草で、和名を「ネコノヒゲ」といわれています。白い花から突き出たおしべがヒゲのように見えることからこの名前がつけられました。実際マレー語で「クミス」はヒゲを意味し「クチン」は猫を意味しています。ヨーロッパでは、100年以上も前から民間薬として利用されていました。日本では昭...

≫続きを読む

ハマ茶

ハマ茶の別名は「カワラケツメイ茶」。日本各地の日当たりのよい河原に多く自生するマメ科の植物「カワラケツメイ」が原料です。また、古くから、「弘法茶」という呼び名で、茎葉を摘んでお茶の代わりとして愛飲されてきました。全草中に利尿作用、便秘改善、血圧上昇を抑え、眼睛疲労を改善するといわれるアントラキノン類...

≫続きを読む

スイカズラ茶

スイカズラは、日本全国の道ばたや草原でごく普通に見かける、スイカズラ科のツル性半常緑低木です。葉の先端が冬でも枯れないことから、忍冬(ニンドウ)とも呼ばれています。スイカズラには、タンニンやサポニン、イノシトール、フラボノイドの一種であるルテオリンなどの成分が含まれていることから、お茶として服用する...

≫続きを読む

ナズナ茶

ナズナは、別名「ペンペン草」という呼び名でもよく知られる、アブラナ科の多年草です。春の七草としてもおなじみです。日本各地の畑や空き地など、日当たりのよい土地に自生しているのを目にすることができます。このナズナをお茶でいただくと、カリウム、サポニンなどの効用によって利尿作用、便秘改善、高血圧予防に優れ...

≫続きを読む

ジャスミン茶

ジャスミンは、モクセイ科オウバイ属の常緑灌木です。その花を香り付けとして作られるジャスミン茶は、香り豊かなことや、飲むとリラックスできるといわれ、女性を中心に人気があります。ジャスミンの香りには、ベンゼルアセテートという成分が多く含まれています。この成分が、鼻の中の細胞から脳に届き右脳を活性化し、そ...

≫続きを読む

ウーロン茶

ウーロン茶は、緑茶と同じ「茶葉」を原料として作られています。緑茶は、茶葉を発酵させずに乾燥させたものですが、ウーロン茶は発酵を途中でとめ、中程度にとどめたものです。ウーロン茶には、カフェイン、カテキン、テアニン、ウーロン茶ポリフェノール、多糖類などさまざまな有効成分が含まれています。そのため、利尿作...

≫続きを読む


だから、歩くのがいい日本茶。かんたんガイド ボケ予防の方法ビタミン・ミネラル便利事典「むくみ」を知る