あなたの知らない健康茶

健康茶についての基本的なQ&A

Q&A。まとめてみました。

 

飲む量はどのくらい?
効果を期待するあまり、たくさん飲めばいいというものではありません。
摂取量の目安は、各健康茶によって異なります。

 

基本的には、普段飲んでいるお茶やコーヒーを飲むぐらいの分量(1日に2〜3杯程度)で良いでしょう。

 

ただし、健康茶の中には、あまり飲み過ぎると有効成分の働きにより、
お腹がゆるくなったり、水分の摂り過ぎによるむくみの原因になりますので、
使用する前に必ずパッケージの注意書きを読んで記載されている適量を守ることが必要です。

 

 

安全性は大丈夫?
緑茶や紅茶と同じように、手軽に飲めるのが健康茶の魅力です。
漢方薬のようなイメージをもつ人も多いのですが、
健康茶は栄養成分を補うための健康食品のひとつと考えられていますので、
安全性はあまり気にしなくても大丈夫です。

 

また、農薬などの分析もパッケージに表記されていますので、参考にされると良いでしょう。

 

 

飲むタイミングはあるの?
薬のように食前、食後など、飲む時間も決まっていない健康茶は、
飲みたい時に飲めば良く、タイミングはあまり関係ありません。

 

 

注意するポイントは?
人によっては蕎麦にアレルギーを起こしたり、
花粉症でもアレルギーを起こす花粉の種類が違ったりします。

 

健康茶も同じように自然のものから作られていますので、個人の体質に
よってはお腹を下したり、不快感を覚えたりする人がいないとも限りません。

 

特に、妊娠中の場合には影響が表れることもありますので、注意しましょう。

 

パッケージなどに書かれてある注意書きなどをきちんと読んで守ることが大切です。

 

また、少しでも変調があったら、すぐに飲むのをやめて、
医師や薬剤師など専門家に相談することが大切です。

 

 

賞味期限はあるの?
含まれている成分によっては、期限が過ぎると効果が薄れてしまう場合もありますので
パッケージなどに表記されている賞味期限を守るようにしましょう。

 

 

保存法はどうしたらいいのか?
健康茶の保存はあまり神経質になる必要はありませんが、注意したいのは、
直射日光や高温多湿の場所に置かないことです。

 

また、一度開封してしまったら、空気に触れないように
きっちりと密閉して保存をし、賞味期限内に飲むことで美味しくいただけます。


だから、歩くのがいい日本茶。かんたんガイド ボケ予防の方法ビタミン・ミネラル便利事典「むくみ」を知る