気・血・水の循環で心身の健康

気・血・水の循環で心身の健康が保たれる

東洋医学では、体内にある「気(き)」「血(けつ)」「水(すい)」という3要素によって、バランスよく臓器や各組織が正常に働き、心身の活動が営まれると考えられています。

 

・「気」は、体内を流れる目に見えない生命エネルギーのこと。
西洋医学にはない概念ですが、生命活動の原動力、生命エネルギーといい換えてもよいでしょう。
・「血」は体内を流れる血液のことです。
体を巡る血液により、隅々まで酸素や栄養が運ばれています。
・「水」は、リンパ液や消化液、唾液など血液以外の体液のことです。

 

これらの「気・血・水」がスムーズに体内を巡っているのがベストの状態です。

 

それぞれ密接に関連し合う、三位一体の関係にあるので、バランスが崩れると、「調子が悪い」状態となります。

 

また、血液とリンパ液が体内に溜まっているだけでは、何の役割も果たせず、生命活動を維持するには、「流れ」が必要不可欠です。

 

その流れを与えるのが、気=生命エネルギーというわけです。


中高年からの筋肉作り転倒は恐い!ヒザ痛改善する体操自重筋トレのススメ「むくみ」を知る