体内の水分をしっかり循環させること

私たちの体は、新生児で体重の約75パーセント、成人では約60パーセントが水で満たされています。

 

年とともに水分は徐々に減少していきますが、この体内の水は、どのような働きをしているのでしょうか。

 

体内の水は、大きく分けますと

 

・細胞内液
・細胞外液

 

となり、細胞内にある細胞内液は、体内水分の約3分の2ほどを占めています。

 

残りを占める細胞外液は、血液やリンパ液です。

 

血液は、体の隅々まで酸素、栄養、ホルモンなどを運ぶ重要な役割を担っていると同時に、
老廃物や過剰な物質を運び出し、体外に排泄するという大切な働きをしています。

 

また、各臓器や筋肉にも70パーセントほどの水分が含まれるなど、私たちの体には実にたくさんの水分が体中に存在しています。

 

これらの体内の水は、生命活動の基盤となっていて、体温を調節したり、循環させて体に必要な栄養や酸素を運んでいます。
ですから、しっかりと体内の水分を循環させることが健康のカギとなります。

 

 

水分をしっかり循環させる