ふくらはぎが「第二の心臓」

疲労回復、免疫力アップ、むくみ解消

体には血管と同様、リンパ管が網の目のように、全身に張り巡らされています。

 

リンパ管の中を流れる液体をリンパ液といいますが、重力の影響により、どうしても下半身に溜まりやすい傾向があります。

 

夕方になると足がむくむといった方が多く見られるのはこのような理由からです。

 

体内で不要になった老廃物や水分は、基本的には静脈に取り込まれて心臓まで戻るのですが、静脈に収まりきらなかった分は、リンパ管に流れ込み、リンパ液となって心臓へ戻っていきます。

 

こうして体外に排出できない老廃物でリンパの流れが悪くなると、免疫機能が低下し、やがてむくみのほか、こりゃ便秘といった、さまざまな不調を招くことになります。

 

時には重い病気を引き起こす原因となることもあるので、注意が必要です。

 

つまり、リンパの流れをよくすれば、余分な水分や老廃物を流してくれるので体の中から健康的に変えていくことができるようになるのです。

 

 

不調と関係するリンパ

 

「むくみ」は、血液中の水分が血管やリンパ管の外に漏れだし、
体内の水分が増えて皮膚の下に溜まった状態のこと。
「冷え」や「むくみ」は「リンパ」の流れと密接に関係しています。


中高年からの筋肉作り転倒は恐い!ヒザ痛改善する体操自重筋トレのススメ「むくみ」を知る