つま先階段上がり

 

「つま先歩き」は下半身に体重の4倍の負担がかかりますが、「つま先階段上がり」はそれに加えて階段を上がるという負担が加わります。

 

ふくらはぎの血管のネットワークをしっかりとつくり、「若返り血管」をつくるのにはとても強力な効果が得られます。

 

駅の階段や歩道橋を上がるときに、かかとをつけずにつま先だけを階段のへりにつけて上がります。

 

ただし、階段を下りるときは「つま先歩き」ではなく普通の着地でよいのです。

 

「つま先階段上がり」は、無理をすると、思わぬ事故、怪我を引き起こすことにもなりかねません。

 

最初は少ない段数から始めて、だんだん段数を増やしていけばよいでしょう。

 

家の中でも街中でも階段さえあれば、どこでもできます。

 

駅やビルで階段に出会ったときは、体調が不良でない限り、ラッキーだ、と思うようにしましょう。