こまめにほぐして疲労回復

捻挫予防にもなる

捻挫予防にもなる

 

足首外側のストレッチ
筋肉:腓骨筋(ひこつきん)

 

腓骨筋は、脚のスネの外側から、足首にかけてついている筋肉。
つま先をあげる動作のときに働く筋肉で、
特に脚の小指側っを上げるときに頻繁に使われます。

 

椅子に座り、伸ばしたい足をもう片方の足にかけて、かかとを固定します。
この姿勢が辛いときは、右足を少し前に出してください。


捻挫予防にもなる

 

 

左手で左足の甲を持ち、
左足首を自分の体の方に引き寄せるように倒します。

 

この状態で10秒ぐらい数えてもとに戻します。

 

これを2〜3回繰り返します。右足も同じように行います。

 

強く引っ張りすぎないようにしましょう。



中高年からの筋肉作り転倒は恐い!ヒザ痛改善する体操自重筋トレのススメ「むくみ」を知る