ツボ押しを上手に取り入れる

「押す」方法ですが、ツボ上に限っては少し強めに押してください。

 

そして押した後は、引く行為にも集中してみてください。

 

「押す」という刺激に負けず、実は「引く」という刺激にも意味があります。

 

そして、できるだけゆっくりと引いてみてください。

 

ただし、あまり長く押し続けたり、強く押しすぎると、かえって筋肉や神経を痛めたりすることもありますので、ほどほどに行うことが大切です。

 

心地よい刺激を与えることがいちばんです。

ツボ押しを取り入れる

「叩く」のは案外と気持ちがいいものです。

 

叩かれるのではなく、
叩くのですから痛みを伴う悪い刺激にはならないです。

 

げんこつをつくり、小指側か親指側でトントン、またはトントンと速く叩いたりしましょう。

 

 


ツボ押しを取り入れる

つまみ方を変え脳への刺激を増やす

 

「つまむ」ときには、範囲を圧力を調整してみてください。

 

範囲が狭いと少ない圧力でも強めの刺激に感じますし、
範囲が広いと大きな圧力でも弱い刺激に感じます。

 

いろいろ調節しながらさまざまな刺激をどうぞ。