ヒップ上げ下げ

ヒップ上げ下げ

ヒップ上げ下げ

【やり方】

 

1.足を肩幅の1.5倍くらいに開いて立ちます。腕はラクな状態で下ろしておく

 

2.ヒザは曲げずに伸ばした状態のまま腰を右、左と順に突き出す。左右あわせて10〜20回程度行う

 

3.足の開きを肩幅程度に狭めて2を繰り返す。慣れてきたらテンポよく動かす。

 

この体操は、股関節を動かしやすいように足の幅を変えることにポイントがあります。

 

まずは、股関節の動きにこだわらず、動かしやすい足幅で始めてください。

 

一般的に足を大きく間いたときには股関節の動きをやわらかくし、狭めたときには太もも、腰の筋肉のストレッチになります。

 

大きく開いているときは内もものあたりに、幅を狭めていくと今後は、太ももの外側や腰に刺激を感じるはずです。

 

 

ヒザに痛みがあって、歩くのが困難でも、股関節や腰の動きが柔軟になるとラクに歩けるけるようになるケースはよくあります。

 

逆に腰痛がある場合には、腰にかかるはずの負担をヒザが引き受けます。

 

このように人間の身体は精巧にできていて、それぞれの役割をカバーし合えるようになっています。

 

ただし、いくらふたつあるとはいえ、腰という大きな部分が負うはずの負担をヒザが担うには無理があります。

 

そこで、股関節の出番です。

 

股関節の動きをよくすることで、腰痛とヒザ痛の二つのトラブルも和らげることができます。



「むくみ」を知るあなたの知らない健康茶ボケ予防の方法中高年からの筋肉作り日本茶。かんたんガイド