ヒジプッシュ(体幹並進運動・前後)

ヒジプッシュ(体幹並進運動・前後)

ヒジプッシュ

体幹を前後に動かしてみましょう。

 

肩ヨコヨコ運動の強化法としても、相乗効果をもたらしてくれます。

 

【やり方】
1.うつぶせに寝て、ヒジから手首までを床につける。ひじにタオル、胸にクッションを入れておくと身体が支えやすくなる

 

2.屑甲骨を開くようにして背中を上げる(背中が膨らむ感じ)

 

3.ヒジとヒザで支えておなかを浮かせる

 

4.肩甲骨を寄せるようにして背中をゆっくり下げる(背中がへこむ感じ)

 

5.背中が十分に下がったらおなかを下ろす

 

腰が傷む場合や、支えているヒザが痛む場合は、おなかを上げなくてもOKです。

 

これは、体幹部にある「前鋸筋」と肩甲骨の周辺にある「僧帽筋」を刺激する体操です。

 

「前鋸筋」はろっ骨に沿う筋肉で、体幹を支えるコルセットのような働きをしていす。

 

この筋肉の機能を高めることで、立つ、歩く、といった普段の行動がラクになります。

 

体幹の前後の並進運動が得られるので、下半身の負担を軽減させるための上体のしなやかさがより得られやすくなります。

 

 



「むくみ」を知るあなたの知らない健康茶ボケ予防の方法中高年からの筋肉作り日本茶。かんたんガイド