膝痛の原因とは

 

若く元気な膝の軟骨は、丈夫な骨と筋肉で守られ、なめらかにできているので難なく動かすことができます。

 

しかし、年を重ねると、

 

・軟骨が磨り減る
・関節を支える筋肉の力が不足する
・骨が弱くなったり、もろくなる
・血液の流れが悪くなる

 

などの理由で関節がうまく動かなくなり、痛みが出てきます。

 

おもな原因には次のようなものがあります。

軟骨が磨り減っている場合

 

膝の軟骨は毎日、立ったり歩いたりすることで、負担がかかっています。

 

そのため、加齢と共に長年負担をかけてきた軟骨が磨り減り、痛みが発生する場合です。

 

実際、50歳代の女性の約半分の人が何がしかの膝の痛みを持っているといわれています。

 

この膝の軟骨の磨り減る原因は加齢だけとは限りません。
「肥満」も大きな要因で、数キロの体重の増加でも膝に大きな負担になります。

 

また、、急な運動や登山やハイキングなども膝に大きな負担をかけることになり、軟骨がすり減り膝関節痛になります。

 

 

膝に水がたまる

 

一般に、中年以上になると、知らぬ間に身体がこわばってきて、全身の腱が硬直してきます。

 

特に体重のかかる膝は、関節の隙間の間隔をなくしてきます。
すると関節は横へずれて逃げるようになります。

 

この現象は、長い年月をかけて徐々にずれ込んでいきますから、関節を包む細胞は少しずつ炎症を起こして新陳代謝が弱まってきてしまいます。

 

また、自律神経はその炎症をいち早く察知して、その部分を癒すために、体内から水を送り込んでいきます。

 

その間、痛んだ細胞は、活動の限界に達して、送り込まれた水を体内に送り返す力をなくしていきます。

 

その結果、患部内に貯蔵状態となって、だんだんと古くなり膿化して「水がたまる」ことになります。。

 

 

 

骨粗しょう症の場合

 

骨がスカスカで、脆くなってくると骨折や腰痛の原因でもある骨粗しょう症の危険が増します。

 

骨が弱くなれば、自分の体重を支えにくく、いきおい膝などの関節に負担が重くかかることになります。

 

骨というのは、アミノ酸から出来たコラーゲンの網目にカルシウムを埋めた構造になっているそうです。

 

ですから、骨を強く元気にするためには、カルシウムとアミノ酸が大切です。

 

それに加えて、日光に当たり、適度な運動が骨を作る大切な刺激になります。

 

散歩などを適度にしましょう。

 

 

血行不良となっている場合

 

軟骨は栄養を得て、すり減った部分を再生したり、修復したりを繰り返しています。

 

軟骨に必要な栄養分は、血液に乗って運ばれ、関節内にある関節液を通して補給されています。

 

ところが、膝や足腰が冷えると血流が悪化して栄養成分が運ばれなくなり、軟骨の修復が遅れて膝関節痛が発生します。 

 

また、動脈硬化や血液ドロドロなども血液の流れが悪くなる要因となります。

 

 

筋力が低下している場合

 

膝の関節や骨を支えているのが筋肉です。

 

筋肉があれば、運動や体重による関節の負担を減らすことができます。

 

一般的に中高年になると、若い時の50〜60%の筋力まで低下してしまいます。

 

そのため、この筋力の低下が膝の関節負担を大きくし、それが痛みの原因になります。

 

もともと食が細い方や無理なダイエットによって、筋肉の重要な要素であるアミノ酸が不足していると強い筋肉はできません。

 

筋肉を強くするには適度の運動や生活の工夫も予防のため必要です。

 

 

変形性膝関節症

 

中高年のひざ痛のほとんどが変形性膝関節症といわれるものです。

 

男性よりも女性に多く、40歳代以降、年齢とともに増えます。

 

膝の関節とは

 

●膝上の大腿骨(だいたいこつ)と
●膝下の脛骨(けいこつ)が

 

接している部分のことです。