人間には痛みを感じるポイント

人間が痛みを感じるポイントとは?

 

人間には痛みを感じるポイントがあります。

 

ヒザに痛みがあるのはつらいものですが、考えようによっては身体からの「警告」だと受け止めることもできます。

 

人間が痛みを感じる受容器(センサー)は、いくつかあります。

 

まず、一つめは皮膚です、

 

皮膚には痛みを感じとる「受容器」が無数に分布しています。

 

トゲなどが刺さったり、熟いものを触ったり、そんな時に「痛い」と感じるのは、皮膚にある痛点が刺激されるからです。

「骨膜」と「筋膜」

 

そして、皮膚以外に痛みを感じるのが、
骨の周りにある「骨膜」と筋肉を覆う「筋膜」のふたつです。

 

「骨膜」は骨の表面を覆っている膜のことで、骨を保護したり、骨の成長や再生を司ったりする働きがあります。

 

一方「筋膜」はというと、これは髪の毛ほどの太さの筋繊維を数十本束ねている筋肉の膜のこと。

 

それらか複雑に絡み合って複数束になってひとつの筋肉を形成しています。

 

これらふたつには「痛覚神経」という痛みを感じる神経があり、そこを刺激されると人は痛みを感じます。

 

筋肉痛を思い出していただくと、わかりやすいでしょう。

 

筋肉は使いすぎて疲労すると、痛みを発します。

 

それは、疲労物質である乳酸が筋肉に溜まり、痛覚を刺瞰するからだと考えられています。

 

「筋肉痛になるほど、ヒザの筋肉を使った覚えはないのに」

 

そう戸惑うのもわかります。

 

ですが、自転車も何年も乗っていれば、さびついて動かなくなってきますよね。

 

それと同じように、人間の身体もただ生活をしているだけで、どんどん動きが悪くなってきます。

 

いわゆる「経年劣化」のようなものですか、長年かけてちょっとずつ積み重なった疲労が、痛みを引き起こします。

 

だからこそ、中高年以降にコリや痛みが現れやすくなるのです。


「むくみ」を知るあなたの知らない健康茶ボケ予防の方法中高年からの筋肉作り日本茶。かんたんガイド