腰痛持ちは、いまからヒザ痛対策も

腰痛持ちは、今のうちからヒザ痛対策もしておこう

 

すでに腰痛を発症している人は、いずれヒザ痛を併発する可能性が高いことがわかっています。

 

その逆の可能性もしかりです。

 

ヒザ痛の原因として「身体の使い方が悪い」ということが挙げられます。

 

私たちの身体は互いに作用し合いながら、一つの動作を行っています。

 

もし、ヒザ関節に問題があれば、同じ動きをする際にそれ以外の関節や筋肉を作動させ、補おうとするのです。

 

このようにフォローする機能がうまくいっているうちは、いいでしょう。

 

ですが、本来、別の部分が行うべき仕事をカバーしているわけですから、全体的にひずみが出てきてしまうのは当然のことなのです。

 

特に、ヒザと腰には密接な関係があります。

 

骨盤の左右にある「腸骨」と「仙骨」の間にある関節を「仙腸関節」といいます。

 

この関節は身体全体のクッション機能を担っています。

 

身体全体の重みを支えたり、外からの衝撃を受け止めてくれたりする場所とイメージするとわかりやすいでしょう。

 

両手の指先をお尻の中央に当て、足を組んだり、ヒザを上げてみると、仙腸関節の動きがわかります。

 

この仙腸関節が正常に働くからこそ、腰やヒザに余計な負担をかけなくてすむのです。

 

しかし、この仙腸関節に問題が生じたらどうなるでしょうか。

 

これまで仙腸関節で受け止めてきた衝撃は、そのまま他の関節へのダメージとして変換されます。

 

なかでも、特に大きな力がかかるのが、腰にある「腰椎」と「ヒザ関節」です。

 

ヒザは歩くときで体重の1.5〜2倍、階段の昇り降りで2〜3倍、走るときは5倍以上の力がかかるとされています。

 

ここに仙腸関節で受け止めるはずの衝撃がかかるようになったらどうなるでしょう。

 

ヒザに痛みが生じるのは当然なのです.

 

腰椎の場合は、衝撃が伝わる先は椎間板やその周りの筋肉になります。

 

本来ならば、骨と骨の間にある「椎間板」がクッションの役割をしてくれますが、度重なる負担がかかれば痛みに発展するのはヒザと同様なのです。


「むくみ」を知るあなたの知らない健康茶ボケ予防の方法中高年からの筋肉作り日本茶。かんたんガイド