ヒザに水が溜まるとは

ヒザに水が溜まるとはどういう状態か?

日頃からヒザをなめらかに動かすためには、関節包内の圧力を一定に保つ必要必があるといわれています。

 

では「圧力」という視点で考えたとき、

 

粘性のある液体と
サラサラした液体では、

 

どちらが少量で一定の圧力を保つことかできるでしょうか?

 

それはご想像通り、粘性のある液体の方です。

 

風船を例に、ご説明してみましょう。

 

たとえば、風船の中にそれぞれ2種類の液体を入れるとします。

 

ひとつはヒアルロン酸、もう一つは水です。

 

それぞれ上から手で押すと、跳ね返りのよい弾力があるのはヒアルロン酸です。

 

 

水のほうはというと、風船がなかなか膨らまないどころか、押した手が風船の中に沈んでしまい、跳ね返りを感じることはできません。

 

このような違いは、それぞれの分子の大きさが生み出しています。

 

関節包はいわば、風船のようなもの、ということが出来ます。

 

つまり、劣化した関節液はサラサラしているため、たくさんの量がなければ、以前と同じ圧力を維持できなくなるということです。

 

その結果、「水」を溜めよう、溜めようとして、ヒザの不調を引き起こしてしまうのです。

 

このようにヒザに水が溜まることは身体の防衛反応であり、ヒザの圧力を保ち、クッション性をつくるための最終手段です。

 

ヒザが痛ければ、ヒアルロン酸注射を打つ。
ヒザに水が溜まれば、水を抜く。

 

この2つは違う治療にみえて、じつは目的は同じなのです。

 

どちらも関節包内の圧力を一定に保とうとするための治療なのです。

 

よく「水を抜くとクセになる」といわれることがあります。

 

実際その通りで、水が溜まるということはすなわち、ヒザに何らかの炎症などが起きているということです。

 

そのため炎症を抑えない限り、水が溜まる症状は抑えられません、

 

水を抜いたり、ヒアルロン酸を注射したりすることで、一時的に状態をよくすることはできますが、じつは根本の解決にはなっていないのです。


「むくみ」を知るあなたの知らない健康茶ボケ予防の方法中高年からの筋肉作り日本茶。かんたんガイド