足の骨の数

 

足はどうでしょうか?

 

片側のくるぶしから先に26個の骨があります。

 

つま先を360度動かすと大きく円が描けますが、その秘訣は「足首」と「かかと」の動きにあります。

 

足首か曲げ伸ばしできることはご存じのとおりですが、かかとがら先にもたくさんの関節が存在しています。

 

 

したがって、「足関節」はさまざまな動きができます。

 

普段あまり気にしていないかもしれませんが、私たちが身体を自由自在に動かせるのは、関節があるからこそなのです。

 

複雑な動きをする部分ほど、関節の数が多くなります。