骨の数、関節の数

ポイントは骨の数、関節の数

ポイントは骨の数、関節の数

 

上体(体幹)
股関節
足関節

 

この3つを動かすポイントは、「骨の数」にあります。

 

私たちの身体には、全身200個余りの骨、約260もの関節が存在しています。

 

背骨(頸椎、胸椎、腰椎)の数は24個です。

 

関節については、特に胸椎とそこに隣接する関節は72個もあります。

 

その他、股関節やヒザの関節、手足の関節などを含めるとこれだけの数になります

 

特に手足は関節の多い場所なのです。

 

手は普段からよく動かしているので、なんとなく多いことが実感としてわかるでしょうか。

 

一本の指に対して3つ(親指は2つ)、そして手の平や手首にも多くの関節があります。

 

骨の数は片側の手のひらだけで27個もあります。

 

骨の数、関節の数記事一覧

足の骨の数

足はどうでしょうか?片側のくるぶしから先に26個の骨があります。つま先を360度動かすと大きく円が描けますか、その秘訣は「足首」と「かかと」の動きにあります。足首か曲げ伸ばしできることはご存じのとおり。かかとがら先にもたくさんの関節が存在しています。したがって、「足関節」はさまざまな動きができます。...

≫続きを読む

人間の脳との関係

このように身体には多くの関節があるのですが、それを上手く使いきれていない方がほとんどです。それは、人間の脳と関係があります。人間の脳(身体)は不思議なもので、すべての関節を均等に動かすのではなく、使いやすく、ラクに動かせる関節を優先的に使い、単調な動きをしがたるクセがあるからです。単調な動きの例とし...

≫続きを読む

上体(体幹)が衰えると

よくダイエットなどで「体幹を鍛えなさい」などといわれているので、言葉自体はご存知の力も多いでしょう。体幹とは腰やお腹など胴体部分のことで、腹筋や背筋、胸筋などの総称を体幹筋といいます。中でも腰は「身体の要」と書くように、身体の中心にあって上半身と下半身のバランスをとっています。また、さまざまな動作を...

≫続きを読む

体幹の体操

体幹部を鍛えるべきもうひとつの理由は、「ギアチェンジ」の順番を正すところにもあります。たとえば、車の運転をする場合、いきなり「5速」で走り出すと、エンジンに大きな負担をかけてしまいますよね。じつは、この5速=トップギアに相当する部位が「ヒザ」なのです。1速=ローギアに相当する部位が「体幹」なのです。...

≫続きを読む


「むくみ」を知るあなたの知らない健康茶ボケ予防の方法中高年からの筋肉作り日本茶。かんたんガイド